基本的な知識

脇

印刷様式や印刷用紙について

新聞折込やイベント告知や会社案内のリーフレットなど、幅広い場面で利用できるフライヤー印刷。フライヤー印刷は自社で作成することもできますが、印刷専門業者に依頼することで高品質の印刷物を手にすることができます。ところでフライヤー印刷を業者に注文するときに、様々な専門用語が出てきます。それは印刷方法や印刷用紙に関する言葉です。あらかじめ印刷方式や用紙などを知っておくと、業者との意思疎通がしやすくなりトラブルを防ぐことが可能です。印刷方式には色々な種類があり、代表的なのがオフセット印刷やオンデマンド印刷です。オフセット印刷とは、インキの着いた判で直接紙に印刷するのではなく、一度ゴムでできた中間転写体に絵柄を転写し、それから紙に転写する印刷方法です。またオンデマンド印刷とは、トナーを使用するオンデマンド印刷機を使用した印刷方法です。コンピューターから転送したデータを使い、版を作成せずに印刷するという特徴があります。フライヤー印刷で使用される用紙にも様々な種類が存在します。代表的な用紙として、マット紙や上質紙が挙げられます。マット紙とは、紙の表面に光沢を抑えた塗料を塗っている用紙のことです。鉛筆や水性ペンでは書きづらいという特徴があり、落ち着いた雰囲気のフライヤー印刷物を作成するときに使用することがあります。上質紙とは、紙の表面にコーティングしないコピー用紙のような紙です。マット紙とは異なり、鉛筆や水性ペンで書き込みやすい性質があるので、記入が必要なフライヤー印刷で用いられることがあります。

Copyright© 2019 印刷物の作成ではまず紙選びからはじめよう All Rights Reserved.